判断が難しい

  • コメントはまだありません

遺体搬送

ただね、ご遺族様にとってはすごく判断が難しい話になるのですが、弔問客や参列者に出したお料理やお酒の減り具合など、葬儀本番の現場で状況をしっかり見つめながら、とっさの判断でお料理やお酒の追加オーダーを決めなければならないややこしいケースもあったりするわけであります。

日本葬儀業界の一般常識的には、ご遺族様が想定する参列者・弔問者の人数分よりもやや多めにお酒や料理を事前発注しておいたりするわけですよね。

お料理に関してだって、いろいろな種類の品目をこれでもかとラインナップに織り交ぜることによって、テーブル上に並べたお料理があっけなく一度に足りなくなってしまうなんていう事態を防いだりしてね。

日本の葬儀会社側も、長きに渡る過去の貴重な経験に基づいたさまざまな飲食物追加防止対処方法を用意してくれているわけであります。

やはり、ご遺族様におかれましては、葬儀本番進行中に何か困ったことが発生してしまったときには、葬儀会社の担当者にすぐ相談することをおすすめしておきます。

飲食物(弔問客や参列者に出したお料理やお酒)や、香典返礼品の他、遺体の保存状態を良好に保つために活用するドライアイスの使用量なんかも、火葬当日までの日数、季節の気温、遺体安置の状況などによって、少なからず変化することがあったりします。

About Author

0 Comment

SUBMIT COMMENT HERE

:*
:*