田舎

  • コメントはまだありません

 

 

東北地方にある岩手県は、日本列島に存在する都道府県としては、北の大地北海道に次いで第2番目に土地面積が広い県なのであります。

ご存知のとおり、東北地方にある岩手県はやたらと山が多く、なおかつ雪もアホみたいに深い土地柄なのであります。

飛行機、電車、バス、高速道路など、交通に使う手段が今の時代ほど発達してはいなかった昔の時代の岩手県というのは、当然ながら県内であっても人の往来、場所移動が容易なことではありませんでした。

厳しい自然環境のため、同じ県内であっても人の往来、場所移動が困難であったためか、東北地方にある岩手県では、お葬式のスタイルにも場所によってさまざまな風習の違い、特色が見られるのであります。

まず、岩手県全体の葬儀スタイルとしては、そのほかの東北地区各県(青森県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)と同じく、前火葬スタイルが一般的なやり方であるようですね。

ただし、岩手県内における葬儀スタイルの場合、お通夜と葬儀本番の間の日にちが大きく空くような時は、お通夜の前の段階においてご遺体の火葬をとり行います。

そのほか東北地区各県(青森県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)の葬儀と大きくやり方が違うのは、ご遺体の火葬をとり行ってから葬儀本番まで、3日~5日間ぐらいの時間を空けることなのだそうです。

岩手県よ!おぬし、なかなかやるな!

葬儀屋吹田

About Author

0 Comment

SUBMIT COMMENT HERE

:*
:*